リフォームのついでにオール電化

リフォームに必要な費用

リフォームに必要な費用は、戸建住宅かマンションかで違ってきます。
配管や元々の設計によっても大きく差が出てきますが、一般的に戸建住宅の方がより高くなります。
きちんとした図面がないケースも多々あるようで、その場合は手探り作業となるので、随分と工事に時間がかかってしまうこともあります。
リフォームの費用としては、平均で、だいたい400~700万円かかるそうです。
見積り段階ではもっと安くても、後で追加料金や追加工事が発生してしまうケースも多く、このような大金になってしまうようです。
しかしリフォームの中でも、特にIHクッキングヒーター(調理器具)とエコキュート(給湯器具)の導入と取付をするオール電化リフォームは、簡単で追加費用の発生もほとんどないと言われています。
何故でしょうか?
まず、目的がオール電化と明確なので、最小限の工事と機器の交換だけになり、内装や配管の大きな配置変えなどもなく、追加の資材や工事が発生することは滅多にないからです。
また、工事に要する日数もだいたい1日と短く、請負業者の人件費や諸経費なども少なくて済むからです。
なので、最初の見積り通りの金額と工期で作業を行うことができるのです。
価格が変動することが少なく、80万~100万円程度で済むことが多いようです。
オール電化リフォームは費用が安く済むだけにとどまらず、光熱費削減のメリットもありますし、結果的に生活の質も向上するのです。
ご興味のある方は、是非一度検討されることをお薦めします。

割引は非常に有効である

基本的にこのオール電化に関することを言えば、割引は非常に有効であるといえます。
どうせなら割引を応用して、しっかりと導入を検討していきたいところではないでしょうか。
さて、このキッチンまわりの状況から見ていきたいのですが、給湯器、暖房などが一般的でしょうね。
そして、全電化住宅割引となります。
これは電気料金が総額で5%も安くなる制度なので、注目していくべき内容なのではないでしょうか。
まず、平均の電気代なのですが、まず13000円と言われています。
そして、そこから5%となると560円です。
まあ、お茶を飲める程度には楽しむことが出来るのではないでしょうか。
さて、このサービスなのですが、電化上手というプランを使うとより一層代わってくるのです。
その名前も「電化上手」となっています。
このプランを利用することで、6000円から8000円の14000円の光熱費は考えなければなりません。
ガス代が高くなれば、もちろんその分、電気代から3%を割り引くサービスもあるので注意が必要なのです。
直接的なサービスで話しを進めると、火災の危険性がほとんどなくなるので火災保険のプランを見直す、といった意味でも重要な情報となるのではないでしょうか。
この料金サービスの充実をオール電化の導入は東京電力にとってチャンスなのですが、非常に勿体無い気がしますね。
太陽光発電比較サイト

【太陽光投資.com】土地付きミドルソーラー導入に関するご提案
【太陽光投資.com】土地付きミドルソーラー導入に関するご提案

太陽光発電の最新情報

太陽光発電の価格比較はタイナビ|無料一括見積りで太陽光発電
太陽光発電の価格比較はタイナビ|無料一括見積りで太陽光発電

沖縄県(うちなー)の太陽光発電システム・オール電化のことなら「琉球てぃーだ」
沖縄県(うちなー)の太陽光発電システム・オール電化のことなら「琉球てぃーだ」

住宅用太陽光発電システム | 太陽光発電・蓄電システム | Panasonic
住宅用太陽光発電システム | 太陽光発電・蓄電システム | Panasonic

カレンダー

2016年7月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Copyright© 2013 リフォームのついでにオール電化 All Rights Reserved.